2009年01月25日

間伐材中のリグニンを利用して強力な接着剤を作る

木の成分の30%を占めながら、資源としてあまり利用されていないリグニンを原料として、金属同士の接着に効果的な高機能接着剤(一般のエポキシ接着剤の3倍の接着強度)を製造することに成功しました。
ということ。

http://ss.ffpri.affrc.go.jp/labs/kouho/Press-release/2008/bioPDC20090122.html


これにより、
林地残材や製茶工場で発生するお茶ガラなどの様々なバイオマスの有効利用手段として期待されます。
とういこと。


こういうニュースをまっていました。

画期的なことだと思います。


二枚の鉄板をこの接着剤でくっつけると、
その上に人間が乗っても破断しないのだそうです。

恐るべし。



ラベル:間伐材 リグニン
posted by もり at 15:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 木質バイオマス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。