2009年02月11日

岡山県の森林CO2吸収量認証(カーボンオフセット)

岡山県が2009年度から導入する森林の二酸化炭素(CO2)吸収量認証制度の概要が9日、固まった。
ということ。

http://www.sanyo.oni.co.jp/sanyonews/2009/02/09/2009020921125387002.html

認証を受けられるのは、県内の森林を整備した企業や団体。県が樹木の種類や生育状況、間伐率などを現地で調べ、1年分の森林成長量を評価。CO2吸収量に換算し、評価委員会の審査を経て認証書を交付する。社員が自ら実践した活動に加え、資金面の支援も対象となる。
といことで、
自治体が直接調査して、
評価委員会が別に評価するという形みたい。

社員が自ら実践した活動も対称になるということだから、
普通の会社に勤める人が、
山に出向いていって間伐をするとか、
そういうことがあるのだろか?

資金面の援助のパターンのほうが、
多くなるだろうけど。


posted by もり at 04:39| Comment(0) | TrackBack(0) | カーボンオフセット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。