2009年05月16日

2008年度の森林・林業白書を閣議決定 木質バイオ燃料の普及を図る

政府は12日午前、地球温暖化対策として、重油や石炭に代わり、二酸化炭素(CO2)排出量が少ない森林の間伐材など木質バイオ燃料の普及を図るとした、2008年度の森林・林業白書を閣議決定した。
そうだ。

http://www.usfl.com/Daily/News/09/05/0512_002.asp?id=69724



もともと林業で栄えた町(今は過疎の町)に住んでいて思うことだけど、
昔は、生活は今ほど派手じゃなかっただろうから、
それほど多くない収入でも、
結構幸せに暮らせていたんじゃないだろうかという気がしている。

今は、生活自体に昔よりもおおきなコストがかかるから、
山里で暮らすのは昔よりも難しいことになっているような気がする。


posted by もり at 06:57| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。