2009年08月06日

和歌山県 木質バイオマスの利用

和歌山県内の山林で発生する間伐材など未利用のバイオマス(生物燃料)資源を活用し、低コストで豆炭状の燃料を製造する技術研究実験を県が国に提案、経済産業省の事業に採用されたことを県が4日発表した。事業費の8942万円は国が全額を補助する。
ということ。

http://sankei.jp.msn.com/region/kinki/wakayama/090805/wky0908050213000-n1.htm
posted by もり at 17:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 木質バイオマス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。