2009年08月14日

和歌山県でバイオマス発電

和歌山県内の間伐材を使って低コストで高発熱量の豆炭状燃料を製造する研究が、国の補正予算事業に採択されたと、仁坂吉伸知事が4日発表した。研究が確立すれば石炭火力発電所などへの燃料供給が可能になり、仁坂知事は「間伐のインセンティブが出ることで林業が再興する。化石燃料ではないのでCO2(二酸化炭素)も削減できる」と話した。
ということ。

http://mainichi.jp/area/wakayama/news/20090805ddlk30010358000c.html
ラベル:バイオマス 発電
posted by もり at 07:20| Comment(0) | TrackBack(0) | バイオマス発電 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。