2009年09月29日

ペレットは木材の有効利用ではない

「ペレットは木材の有効利用か」
という記事を読んだ。

http://ikoma.cocolog-nifty.com/moritoinaka/2009/06/post-36d8.html


上記記事より一部引用させていただくと、

まったく利用していない木材を、コスト(エネルギー)をかけて山から出し、木材として使う前に燃料として燃やすのは、リサイクルではなくて、直に最終廃棄につなげている。それも価格が高くて経営的に引き合うならともかく、大赤字で補助金(税金)を投入して帳尻合わせているだけだ。

必要なのは、木材を加工する際に出る端材・おが屑などをペレットにすることだ。

ということです。



資源の有効利用というものを考えるときには、
トータルとしてのの視点が必要になるのだと思います。

無駄づかいを減らすために、
さらに多くの無駄が発生しているとしたら、
意味が無い。

勉強になりました。



このような構造になっている産業は、
特に公が関係したものにおいては、
ほかにもたくさんあるのだろうなと思いました。





posted by もり at 16:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 木質ペレット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。