2009年12月21日

都留市のバイオマスタウン構想

都留市は、森林の再生などを進めながら、循環型社会の構築を目指す「バイオマスタウン構想」の素案をまとめた。市内の間伐材を木質チップ化する施設やメタンガスの精製と堆肥(たいひ)化を行うプラントの建設などを盛り込んでおり、市民らの意見を取り入れた上で年度内の策定を目指す。
ということ。

http://www.sannichi.co.jp/local/news/2009/12/16/12.html

大きな構想だと思うけど、
まだ、
こういうことをして成功している地域は、
ほとんど無いように思われる。

しかしいずれ、
あたりまえになるのだろうと思う。



ラベル:間伐材
posted by もり at 07:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 木質バイオマス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。