2011年06月19日

間伐材で橋名板

中部地方各地で金属製の橋名板が盗まれる事件が相次ぐ中、愛知県豊田市は市内の山林の間伐材を使って橋名板を作り、被害に遭った橋に設置する。転売価値の低い橋名板で、再発を防ぐ。
ということ。

中日新聞:間伐材使い橋名板製作 豊田市、盗難防止狙う:社会(CHUNICHI Web)

間伐材で作ればそんなに価値がないから盗まれないだろう、
というのは、
間伐材にちょっとかわいそうな感じがしたけど、
使ってもらえるだけいいかな。

何年かたつと、
味が出るだろうから、
そのときまた盗まれたりして。


そもそも、
木でもいいなら、
最初から木で作ればいいような気もする。

必要のないところに、
余計なお金をかけすぎだったのかもしれないと、
ちょっと思う。
ラベル:間伐材
posted by もり at 07:12| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。