2011年07月18日

長野県 カラマツの間伐材でテーブル

原村の住民団体「村民の森づくり専門部会」は9日、同村上里の「村民の森」で丸太を使う木工教室を開いた。森林の整備体験を通じて里山の良さを伝えようと続けている活動の一環。諏訪地方の会社員ら男性9人が参加し、カラマツの間伐材をチェーンソーで加工してテーブルを作った。
ということ。

信濃毎日新聞[信毎web] 間伐材がテーブルに変身 原村の住民団体が木工教室

ラベル:間伐材
posted by もり at 06:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 間伐材 地域別 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。