2008年05月25日

木質バイオマス発電 燃料不足

木質バイオマス(生物資源)発電の設備を持つ中国地方の企業が、建築廃材などから作る木質燃料の不足に悩んでいる。二酸化炭素の排出量削減を狙い、発電設備は増加。一方、昨年6月施行の改正建築基準法の影響などで住宅の建て替えが減少して燃料に加工する建築廃材が減っているためで、燃料の需要に供給が追い付かなくなっている。
ということ。
記事↓
http://www.chugoku-np.co.jp/News/Tn200805240414.html


やっぱり、
木質バイオマス発電では、
燃料の供給がネックになるみたいである。

廃材が不足するのなら、
間伐材を使えばよいと思うが、
しかしその間伐材も、
供給体制がまだ整っていないのだろう。



あるけど使えない資源。

間伐材。
ラベル:間伐材
posted by もり at 17:28| Comment(0) | TrackBack(0) | バイオマス発電 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。