2010年03月17日

住宅分野への地域材供給シェア拡大総合対策事業

日本住宅・木材技術センターと日本木材保存協会はこのほど、「2009年度住宅分野への地域材供給シェア拡大総合対策事業に関する発表会」を都内で開いた。
ということ。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100312-00000007-jsn-ind
ラベル:間伐材 林業
posted by もり at 07:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 林業 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

日本プロジェクト産業協議会 林業再生に向けた提言

約150の企業や業界団体などでつくるシンクタンク「日本プロジェクト産業協議会」(会長・三村明夫新日本製鉄会長)は15日、林業再生に向けた提言をまとめ赤松広隆農相に提出した。建設や製造業など関係業界が連携し、バイオ燃料化など森林資源をフル活用する新事業の創出が重要と強調した。
ということ。

http://www.oita-press.co.jp/worldEconomy/2010/03/2010031501000568.html

ラベル:林業 間伐材
posted by もり at 07:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 林業 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月07日

岡山県「100年の森林(もり)づくり」

見放されていた零細林を、都会の人材と知恵、消費力や資金力を借りて宝の山に変える壮大な「100年の森林(もり)づくり」が岡山県西粟倉村で進んでいる。各方面のプロなど20〜60代の17人が家族と共に移り住み、林業現場や木工制作、木製品の商社拠点「森の学校」などで精力的に活動する。小さな村の大きな挑戦に見学者が絶えない。
ということ。

記事↓
http://blog.goo.ne.jp/ryom222/e/f640bffa00ae0fe12e750b2b54678bb9
ラベル:林業 間伐
posted by もり at 06:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 林業 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月31日

森林・林業再生プラン

低迷する国内林業の活性化と山村での雇用創出を狙い政府が策定する「森林・林業再生プラン」の全容が25日、明らかになった。木材を搬出する作業道の整備などに集中投資して効率化と安定供給を実現、林業を成長産業に育てるのが柱。木材自給率を今後10年で現在の24%から50%まで引き上げる目標を掲げた。
ということ。

http://www.47news.jp/CN/200912/CN2009122501000142.html

林業の未来は、
あかるいのだろうか。
ラベル:間伐材 林業
posted by もり at 06:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 林業 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月14日

国産材はなぜうれなかったのか

国産材はなぜうれなかったのか
という本を見つけた。

読んではないですが、
サイトから目次だけは読んでみた。



ほんとに、
なぜ国産材は売れなかったのだろう。

そこには、
外材との価格競争に負けた、
という単純な理由だけでない理由が、
あるのだろうと思う。

ラベル:林業 間伐材
posted by もり at 21:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 林業 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月28日

日本の林業について

日本の林業について警鐘を鳴らすブログを読んだ。

林野庁の林業暴走

興味深い記事がたくさんあった。

中でも、

水源かん養保安林が水源を破壊している、

という記事と、

広葉樹の植林は「災害に強い森づくり」と国民にウソをついて、広葉樹の木材生産を行っているだけである、

ということがかかれた記事と、

植林により豪雨災害が拡大している

ということが書かれた記事。

勉強になりました。

ラベル:林業
posted by もり at 10:05| Comment(2) | TrackBack(0) | 林業 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月11日

木を買ってポイント還元 総額1000万円

日田市友田の日田中央木材市場(十時和之社長)が、原木市に参加する出荷者や原木運搬のトラック運転手、製材所などの買方(かいかた)に対し“ポイント還元”方式で支援金を支払うことになった。同市場の創立50周年記念事業の一環。十時社長は「日本三大林業地帯の一つの日田地方で、公益機能も持つ山林を守ってきた林業関係者のみなさんに、老舗市場として考え抜いた志(こころざし)。ぜひ受け取ってほしい」と話している。
ということ。

http://news.goo.ne.jp/article/nishinippon/politics/20090910_local_O_002-nnp.html


最終消費者にも、還元してほしいと思う。
ラベル:林業
posted by もり at 08:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 林業 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月30日

長野県内で林業の新規就業者が過去最多

長野県内で2008年度、新たに林業に就いた人は前年度に比べて46人多い203人となり、統計をとり始めた1992年度以降で最多となったことが、県林務部の26日までの調べで分かった。県や国による間伐事業量の拡大に対応して林業事業者が労働力の確保を強化した上、世界的な不況で雇用事情が悪化した製造業など他業種からの参入が増えたとみられる。
ということ。

http://www.shinmai.co.jp/news/20090827/KT090826BSI090013000022.htm
ラベル:林業
posted by もり at 06:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 林業 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月20日

林業の動向と課題 信金中央金庫研究所レポート

林業の動向と課題 信金中央金庫研究所レポート

というのが面白かった。


要旨の部分を抜粋しておく。

以下。

􀁺 海外の林業国においては、我が国のように過度な公的補助(補助金)はなされておらず、補助金に依存しない林業経営が可能となっている。

􀁺 我が国の森林蓄積量は戦後の拡大造林により現在成熟期(伐期)を迎えているが、林業の生産性が低いため、外材に圧倒されており国産材の優位性は乏しい。

􀁺 我が国の林業と海外の林業では、森林や林業に対する捉え方が異なっており、それゆえ、林業経営の生産性や効率性に大きな違いが生じている。

􀁺 海外の林業国においては、森林を生産林と非生産林に区分し、路網整備と施業(間伐等)の集約により林業の生産性の向上、経営の効率化を図っているが、我が国おいては、海外林業国とは異なる森林区分が行われており、路網整備や施業集約も進んでいない。

􀁺 我が国の林業の再生に向けては、森林区分を見直すとともに、路網整備と施業集約を容易に実施できる環境整備が不可欠である。



要するに、
日本の農林政策の失敗。


ラベル:林業
posted by もり at 17:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 林業 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月15日

皮むき間伐 まき枯らし

皮むき間伐 まき枯らし、
という間伐手法があると言うことを知りました。

http://hihosugi.exblog.jp/8593071/

皮むき間伐は、

木を切り倒さないため危険もほとんどない、

子どもでもできる簡単な方法、

倒さないため運び出さなくてもいい、


などの利点があるようです。

http://ameblo.jp/shinjon/entry-10187783696.html


ラベル:林業 間伐
posted by もり at 17:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 林業 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月30日

林野庁の方向転換

スギやヒノキなど針葉樹だけの植林を戦後の森づくりの中心としてきた林野庁が、カシ類やシイ、タブ、クリ、コナラなどの広葉樹も混植する事業に乗り出した。「鎮守の森」に代表されるその土地本来の植生を再現することで、災害に強く、地域経済にも貢献する森づくりを目指す。広島県呉市の国有林で6月、第1弾が植樹された。
ということ。

http://www.asahi.com/eco/TKY200907110169.html

まあ、
そりゃそうだろうと思う。

今までのやり方は、
かなり間違っていたのだろう。


それにしても、
杉や檜だって、そういう木が適した場所に植えて、しっかり手入れしたら、
美しい森になるのだと思うけど。
ラベル:林業
posted by もり at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 林業 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月01日

島根県で新規林業従事者の増加

昨年度の島根県内での林業の新規就業者数(正規)が2001年度以来、7年ぶりに100人を突破し、106人に上ったことが29日、分かった。昨秋来の不況に伴う、民間企業の解雇や雇い止めなどの増加を逆手に取り、経済対策の一環で確保に努めてきた県や関係団体の取り組みが奏功した。今後はいかに定着を図るかが、課題となる。
ということ。

http://www.sanin-chuo.co.jp/news/modules/news/article.php?storyid=513239004

補助金とかが効いているのだろうと思う。

林業の活性化につながるかどうかは、
まだこれからだろう。

posted by もり at 18:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 林業 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月27日

20億600万円の投資で、24億円の効果

山口県は、2005年度から5年間の予定で導入した「やまぐち森林づくり県民税」を財源とする荒廃した森林の整備、竹林伐採など事業の経済効果の試算をまとめた。全国で初めて、現地調査で集めたデータを基に算出。本年度までの計画で投入予定の20億600万円に対し、水源や洪水緩和の機能向上などで、約1・2倍に当たる24億円の効果があるとしている。
そうだ。

http://www.chugoku-np.co.jp/News/Tn200906250060.html

お金には返られない部分を、
無理やりお金に換算して24億円と言うことなんじゃないかと思う。

ラベル:林業
posted by もり at 21:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 林業 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月22日

山梨県の林業の補助金

山梨県は、担い手不足や消費低迷の影響で衰退傾向にある林業活動を支援するため、基金を創設する。間伐材の搬出や、木質バイオマスの加工施設整備などを財政面でバックアップし、県内の林業再生と森林保全を目指す。林業施策に特化した県の基金設立は初めて。

http://sannichi.typepad.jp/ashiyasu/2009/06/post-9312.html

国の方針でもあるので、
こういう補助金は今後増えるのだろうと思う。

効果のほどは、
まだわからないことだけど。

ラベル:林業
posted by もり at 08:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 林業 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月09日

高知森林救援隊 

高知市の森林保全のために森林ボランティア活動をしている団体。

高知森林救援隊


その活動もさることながら、
ブログサイトでのイベントの告知と活動報告を行っているのが、
面白いなと思った。

難しくないけど、
有効な手段だと思う。


ラベル:林業 間伐
posted by もり at 06:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 林業 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

林業の流通改革

林業の流通改革に取り組む会社の記事

http://www.business-i.jp/news/venture-page/news/200905260003a.nwc


山の立ち木の位置や品質、産地証明などを1本ずつに装着したICタグ(電子荷札)で管理する新システムを考案。
し、
需要に即応できる出荷体制を築き「大量流通で調達が容易な外国産に奪われていた販売チャンスを勝ち取る

ことをめざすのだそうだ。


面白そうな取り組みだと思った。
posted by もり at 06:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 林業 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月28日

林業に建設業者が参入

公共工事の減少により仕事不足に悩む建設業と、人手不足が深刻化している林業のマッチングを図ろうと福島県が動き出した。県は今年度から新事業として、建設業者を対象としたチェーンソーの使い方実習や森林知識の講習会などを実施。将来的に、建設業者が林業に参入するためのきっかけにしたい考えだ。
ということ。

http://sankei.jp.msn.com/region/tohoku/fukushima/090528/fks0905280241000-n1.htm

担い手がいない林業と、
仕事が少ない建設業と、
利害が一致しているのかもしれない。

うまくいったら良いと思うけど、
壁は厚そうだなという気もする。
ラベル:林業
posted by もり at 16:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 林業 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月28日

近くの山の木で家を作る運動

近くの山の木で家を作る運動

よい運動だと思う。

推進しているNPO。

緑の列島ネットワーク

ラベル:林業 NPO
posted by もり at 06:00| Comment(1) | TrackBack(0) | 林業 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月27日

国産材のマッチングサイト「林サク」

早稲田大学ロジスティクス研究所とkodo.ccは25日、林業に特化したマッチングサイト「林サク」の提供を開始したと発表した。同サイトは、インターネット上で全国の林業関係者と建設業者が、林業案件を受発注することが可能。「複雑な流通を省き、コストダウンすることによって国産材の需要を喚起する」としている。
記事↓
http://journal.mycom.co.jp/news/2009/03/26/015/

日本の林業においては、木材の流通が古くからの複雑な経路を形成していることや、人件費高騰などから、流通経費が高額なものになっている。
のだそうだ。

そういうことが、
日本の林業衰退の原因のひとつとして、
関係しているのだろう。



ラベル:林業 森林
posted by もり at 05:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 林業 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月13日

グリーン・ニューディール事業

全国森林組合連合会(全森連)は3月10日、「森林組合グリーンニューディール事業」を提唱した。
そうだ。

http://www.jacom.or.jp/news/news09/nous101s09031204.html


アメリカ合衆国大統領フランクリン・ルーズベルトが世界恐慌を克服するために行った一連の経済政策、
ニューディール政策、にまねて、
森林にてこ入れして雇用を創出しようということだと思う。

記事を読む限りでは、
新しく投資するというよりも、
コスト削減してその分を投資にまわす、
という感じのようなので、
できるだけ早くやるべきだろう。

というか、
今できるなら、
今までなんでやらなかったのか。
ラベル:林業 森林
posted by もり at 05:31| Comment(0) | TrackBack(1) | 林業 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。