2011年06月24日

日本ファイヤーライフ・グループ

日本ファイヤーライフ・グループ

自然帰休クラブ -薪ストーブ安全推奨サイト-

薪ストーブの業界団体だと思う。


日本ファイヤーライフ・グループが、
間伐材を薪に使う取り組みを紹介した資料。

posted by もり at 07:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 企業の活動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ソトコト7月号に間伐材の付録



ソトコトという雑誌の7月号の付録が、
四万十の森のヒノキ間伐材から作られたコースターだそうです。

お散歩日和 : 間伐材のコースター。


雑誌の内容にも興味があったので、
私も一冊注文してみました。

ラベル:間伐材
posted by もり at 06:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 間伐材 書籍 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月19日

間伐材で橋名板

中部地方各地で金属製の橋名板が盗まれる事件が相次ぐ中、愛知県豊田市は市内の山林の間伐材を使って橋名板を作り、被害に遭った橋に設置する。転売価値の低い橋名板で、再発を防ぐ。
ということ。

中日新聞:間伐材使い橋名板製作 豊田市、盗難防止狙う:社会(CHUNICHI Web)

間伐材で作ればそんなに価値がないから盗まれないだろう、
というのは、
間伐材にちょっとかわいそうな感じがしたけど、
使ってもらえるだけいいかな。

何年かたつと、
味が出るだろうから、
そのときまた盗まれたりして。


そもそも、
木でもいいなら、
最初から木で作ればいいような気もする。

必要のないところに、
余計なお金をかけすぎだったのかもしれないと、
ちょっと思う。
ラベル:間伐材
posted by もり at 07:12| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

青森県 西北地域木質資源有効活用推進協議会(事務局・西北地域県民局)設立

伐採後、山に放置されたままの間伐材など未利用資源の活用を図る西北地域木質資源有効活用推進協議会(事務局・西北地域県民局)が17日、設立された。
ということ。

間伐材活用へ推進協/西北地域/Web東奥・ニュース20110618131051

西北地域木質資源有効活用推進協議会の開催について(プレスリリース) - 青森県庁ホームページ
ラベル:間伐材
posted by もり at 07:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 間伐材 地域別 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月18日

名古屋市 間伐材で木製ラックを組み立てるイベント

間伐材で木製ラックを組み立てるイベント。
名古屋市リサイクル推進センター。

◆ 間伐材で木製ラックを組み立てよう 名古屋市リサイクル推進センター - クデジュウのページtest

作ってみたいなと思った。



posted by もり at 17:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 間伐材 地域別 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月15日

間伐材の花壇

間伐材で作られた花壇。

間伐材で造る花壇の可能性 - 間伐材オタクのブログ

きれいにできています。


ラベル:間伐材
posted by もり at 06:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 間伐材の商品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

地域通貨で間伐財の利用促進 「旭木の駅プロジェクト」

間伐材を地域通貨に換えて山村の再生を目指そうと、3月に豊田市旭地区で実施された社会実験「旭木の駅プロジェクト」の報告会が、市旭支所で行われた。実験に参加した山林所有者や関係者ら約50人が出席し、実行委員会を設立して事業を継続する方針を決めた。
ということ。

間伐材1トン→地域通貨6000円分 買い取り事業継続 豊田で実験報告 : 環境・生活 : 中部発 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)


プロジェクトの内容は、

NPO法人「都市と農山村交流スローライフセンター」などが主催した。間伐材を1トン当たり6000円分の地域通貨「モリ」で買い取り、名古屋港木材倉庫(名古屋市南区)に3000円で売却し、チップ材に加工。差額の3000円は寄付で賄うという仕組み

ということである。

地域経済の活性かも同時に行える、
というあたりが、
ポイントだろうと思う。
ラベル:間伐材
posted by もり at 06:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 間伐材 地域別 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月04日

奈良県 間伐材を利用した杖

床柱などに使われる県特産の「磨き丸太」などを扱う県銘木協同組合宇陀支部(葛本卓雄支部長、25社)の会員が、東日本大震災の被災者のため、吉野杉の間伐材を利用した杖(つえ)を作っている。近く、宮城県気仙沼市内の避難所6か所に計600本を送る。
ということ。

宮城へ吉野杉 間伐材の杖 : 奈良 : 地域 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)
ラベル:間伐材
posted by もり at 11:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 間伐材 地域別 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月03日

間伐材を使った薪割り大会

京都府長岡京市の西山森林整備推進協議会は6月4日午前9時半から、同市浄土谷の柳谷観音楊谷寺第二駐車場で、西山の間伐材を使った「まき割り大会」を開く。
ということ。

間伐材使いまき割り大会 長岡京・西山整備推進協が企画-gooブログ

割った薪は持ち帰れるということ。



posted by もり at 14:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 間伐材 イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月01日

神戸市 お菓子の残さと間伐材と汚泥でバイオガス

神戸市は26日、大阪ガスや環境装置メーカーの神鋼環境ソリューションと取り組む下水汚泥を原料としたバイオガスの活用事業で、新たに間伐材のチップや洋菓子などの生産で出る食品残さを汚泥に混ぜ、ガスの発生量を増加させる「KOBEグリーン・スイーツプロジェクト」を始めると発表した。全国的にも珍しい取り組みで、エネルギー生産の拡大を図る。
ということ。

神戸新聞|社会|菓子の残りでバイオガス 神戸市が事業開始

お菓子の残さというのが、
神戸市っぽいなと思った。



ラベル:間伐材
posted by もり at 10:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 間伐材 地域別 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。